ナスとソルゴー

ナスの栽培って難しいなぁと思う。なかなか納得できるようには作れないんです。

4月に苗を植えるんですが、その頃は風が強い日が多いんです。ナスは風にはとても弱い野菜で、強風に揺さぶられると、苗が小さい時は生育が妨げられ、実が生り始めると実に傷をつけてしまいます。よく、ナス畑の周りに防風ネットが張られているのはそのためです。

うちでは、ナスの風除けにソルゴーという緑肥作物を作っています。ソルゴーは風除けだけではなく、ソルゴーにつくアブラムシの天敵はナスにつく害虫の天敵でもある事から、ナスが害虫から守られるのです。また、畑にすき込んでも良いし、刈って藁のようにも使えてとても便利なのです。
e0120252_2355488.jpg

       ↑                               ↑
       ナス                            ソルゴー


今年はナスの生育が遅れてしまったのですが、ソルゴーのお陰で何とか良い木になってきました。ぼちぼち収穫も始まりましたよ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-15 23:58 | 畑から
<< 2007/06/19のwagon 有機栽培って? >>