鎌倉ブランド

久々に鎌倉の連売(農協連即売所)に行ってきました。午後に行く事ばかりだったので、いつも品物もあまり無かったのですが、今日は9時前に行ったので商品も沢山ありました。
ここは一般消費者のみならず、飲食店の仕入れの方も多く、かなり多品種の野菜が売られています。かといって、スーパーと違い、鎌倉で栽培されているものだけなので、季節外れのものはありませんよ。
私もたまに行っては、みんなどんな野菜作ってるのかなぁって、視察して刺激をもらってます。e0120252_21552327.jpg
確かにダイコンやカブ、ラディッシュなどは様々な品種が売られてましたが、取り立てて目新しいものはありませんでした。ただ、約10軒の農家さん集まると、物量もあり賑やかでいいですね。鎌倉市内だけでなく、茅ケ崎はもちろん都内から仕入れに来る飲食店もいます。新鮮な事や、種類が豊富なだけでなく、鎌倉野菜としてブランドがあるからでしょうね。
茅ヶ崎野菜って言わないもんな~。呼ばせたいですね。
今日は、トレビス、コールラビ、チコリー・プンタレッラを買って帰りました。飲食店の仕入れの様なチョイスだったので、すかさず領収書は?と訊かれました。
[PR]
by farmerswagon | 2007-11-18 22:13 | ひとり言
<< 2007/11/20のwagon 苦い野菜は嫌いですか? >>