認定農業者

最近市役所から、認定農業者になりませんか?とお話を頂いた。
認定農業者制度とは、意欲ある農業者が自ら経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」を市町村が認定し、その計画達成に向けた取り組みを関係機関・団体が支援する仕組みです。具体的には経営規模の拡大や生産方式の合理化などの5年後の目標を設定し認定を受けた(認定農業者になる)事によって、融資や税法上の特例、農地のあっせん等、様々な支援が受けられます。

e0120252_137650.jpg市役所の案内で認定農業者として優良であるとして表彰された、三浦市の高梨農園さんを視察に行きました。三浦は大根の出荷の最盛期で、自宅では何人ものパートさんが収穫された何千本もの大根を洗浄、選別、箱詰め作業を行っていました。
高梨さんは農協のみならず、何ヵ所もの直売所やスーパーへの出荷など多くの販売チャンネルを開拓し、切干大根の輸出まで目論むとても意欲的な方でした。

基本的にうちは拡大路線ではなく、経営規模はそのままにいかに内容の濃い農業にしてゆくかが課題なので、融資等支援の必要性は感じていないので、認定は受けないつもりなのだが、経営をの改善、改良点は多いな。

それにしても三浦の畑は広いです。
[PR]
by farmerswagon | 2007-12-15 13:24 | ひとり言
<< ぼちぼち冬らしく 2007/12/11のwagon >>