夏野菜のスタート

1月から夏野菜の種蒔きが始まりました。
まずは1/12に茄子、ピーマン、そして伏見甘長唐辛子、2/2に大玉トマト、ミニトマトと順次種を蒔いております。先ずは箱に条まきして、それから鉢上げ、畑に定植、そして6月末から収穫開始の予定。長い道のりです。

種蒔きは、育苗用に作った小さなビニールハウスの中に更にビニールトンネルを作り、その中で地温を高めてやって発芽させます。晴れの日は40度以上になる事も!そして夕方気温が下がる前に毛布などで保温をしてやる必要があります。

発芽してからも、苗はとてもデリケートなので、暑すぎても寒すぎても健康に育たないので温度管理には注意します。e0120252_22344391.jpg


種蒔きから20日ほどで発芽した茄子。日数がかかるだけに発芽するとほっとします。
別に霧の中ってわけじゃないんですけど、湿度でレンズが曇っちゃいました。
[PR]
by farmerswagon | 2008-02-07 22:40 | 畑から
<< 中国冷凍餃子問題その後 2008/2/5のwagon >>