中国冷凍餃子問題その後

2月9日付の日本農業新聞より

「中国冷凍ギョーザの中毒事件を受け、自宅でギョーザを手作りする器具の売れ行きが好調だ。これに併せ、ギョーザの材料も販売が増加。野菜専用の洗剤も消費者の関心を集めており、食品の安全・安心に手間と費用を惜しまない姿勢が鮮明になりつつある。」

この記事を読んで何かずれてるんじゃないの?と思うのは私だけだろうか・・・

まず、ギョーザなんて手で包むのが当たり前だと思っていたのに、包む器具があるとは・・・
今まで冷凍ギョーザを買っていた人が、今度は器具を使って作るのか?
そして、安心な野菜を買う努力をする以前に、洗剤で農薬を除去する事を考えるのか?
ホント自分とは価値観や考え方が違う人が多くいると認識しなくては。

記事では、大手スーパーでは問題発覚後の一週間、国内産のキャベツやニラ、ひき肉、ギョーザの皮などの各売上高が前年実績比、2、3割増とも伝えている。

これは、サブリミナル効果と言うか、毎日の報道でギョーザを食べたくなっちゃったのかもね・・・

e0120252_17491713.jpg

先週種蒔きした人参とかぶ。ビニールトンネルをしていたのですが、先日の雪の後にはペシャンコでした。まだ芽が出てないので被害はなかったです。
[PR]
by farmerswagon | 2008-02-09 17:56 | ひとり言
<< 2008/2/12のwagon 夏野菜のスタート >>