カテゴリ:畑から( 53 )

夏野菜のスタート

1月から夏野菜の種蒔きが始まりました。
まずは1/12に茄子、ピーマン、そして伏見甘長唐辛子、2/2に大玉トマト、ミニトマトと順次種を蒔いております。先ずは箱に条まきして、それから鉢上げ、畑に定植、そして6月末から収穫開始の予定。長い道のりです。

種蒔きは、育苗用に作った小さなビニールハウスの中に更にビニールトンネルを作り、その中で地温を高めてやって発芽させます。晴れの日は40度以上になる事も!そして夕方気温が下がる前に毛布などで保温をしてやる必要があります。

発芽してからも、苗はとてもデリケートなので、暑すぎても寒すぎても健康に育たないので温度管理には注意します。e0120252_22344391.jpg


種蒔きから20日ほどで発芽した茄子。日数がかかるだけに発芽するとほっとします。
別に霧の中ってわけじゃないんですけど、湿度でレンズが曇っちゃいました。
[PR]
by farmerswagon | 2008-02-07 22:40 | 畑から

ブロッコリーを長く楽しむ

ブロッコリーには大きく分けて二種類あるんです。

大きな花の蕾、頂花蕾(ちょうからい)を収穫したら終わりのもの。
頂花蕾を収穫した後に、切った脇から伸びる側枝花蕾(そくしからい)も収穫出来るもの。
当然直売メインのうちでは、後者でです。

最近茎ブロッコリーとゆう野菜も市場に流通していますが、側枝花蕾=脇芽はあまり市場には出てないでしょうね。大きさも様々ですが、小さいものは丸ごと食べられる大きさなのでお皿でも見栄えがするし、お弁当などでも重宝されます。やわらかい脇芽の方が好きな方もいらっしゃいます。
e0120252_22301192.jpg
頂花蕾の収穫も最盛期を過ぎ残り少なくなってきました。今年は寒い日が多く蕾も開かないので収穫に追われる事もなく助かります。
そしてこれからは脇芽の収穫に切り替わり、2月一杯は楽しめそうです。
[PR]
by farmerswagon | 2008-01-18 22:38 | 畑から

後片付け

野菜は葉物や根菜以外は、当然収穫後に残渣(ざんさ)、つまり残った茎葉蔓などを片付けなくてはならんです。そうしないと次に作付ける為の畑ができないのですが、その片付けが面倒だなと思う事も。
まだ畑には、11月の末頃まで収穫していた蔓なしインゲンの残骸が・・・e0120252_22153214.jpg
出来るだけ早く片付けて、耕運機で耕し土を霜に当てて、害虫の駆除や殺菌して夏野菜に備えたいですね。

そして畑の隅には、ゴーヤ、なす、ピーマン、バジル、オクラなどの残渣が積んであります。いずれも枯らして焼却するんですが、畑で燃やすにしても、風の無い日で、洗濯物が取り込まれる夕方まで待ちます。近郊農業もやりにくくなりました。
そういえば今シーズンはまだ焚火で焼き芋してないなぁ。
[PR]
by farmerswagon | 2008-01-11 22:28 | 畑から

新年早々失敗

水菜はそんなに寒さには強くないので、この時期はビニールトンネルで保温しながら栽培しています。12月はあまり寒くなかったのでホヤホヤと良く育ちました。トンネルを少し開けて寒さに当てて、葉を厚くし株にボリュームをもたせて収穫開始となるのですが・・・

年末の強風にはやられました。ビニールはめくれあがり破けてしまいました。ビニールがかかってない場所は、正月の寒さで水菜は一気に凍ってしまいご覧の通り・・・
今まで寒さに当たっていないから尚更弱いのです。e0120252_22485915.jpg

ちょっとした事なんですけど、こうゆう細かい失敗をひとつでも無くして無駄なく年間栽培したいものです。
[PR]
by farmerswagon | 2008-01-05 23:00 | 畑から

聖護院

こう寒くなってくると大根がおいしいですね。
はっきり言って今主流の青首大根は万能で、何に使ってもそれなりに美味しいです。でも料理によって大根を使い分けるとより一層良いですね。
例えば煮るんだったら代表選手は聖護院大根。名前の通り京野菜ですが、千枚漬けの聖護院かぶらとは別物です。聖護院大根はきめ細かい舌ざわりで甘みもあり、とても上品な感じがします。今が旬のブリ大根なんかにしたら最高です。今年作ってる、中国大根の黄河紅丸もまた緻密な肉質でおいしかったですよ。e0120252_22351777.jpg
でもなぜか、おでんは煮大根より青首の方が美味しい気がします。
来週からは三浦大根も収穫開始です。これで大根勢揃いです。
[PR]
by farmerswagon | 2007-12-21 22:41 | 畑から

ぼちぼち冬らしく

夏には早起きしてたのに、最近は蒲団からなかなか出られません。やっと冬らしくなってきましたね。うちの畑でも霜が降りたのは今年は今日で4、5回目でしょうか。普通に生活してたら地面を見る機会もないから、霜が降りたかもわからない人も多いでしょうね。
e0120252_2142327.jpg
うちは茅ヶ崎でも海に近い方(農家としては)だからまだ温暖なのですが、山の方の農家さんと話をすると「うちの方は霜どころじゃないよ、もうしょっちゅう氷張ってるよ」だそうです。同じ茅ヶ崎でも、うちとは2~3度違うんだろうな~。
確かに本当に寒いと、葉っぱだけじゃなくて地面まで凍っちゃうから、人参は硬くて抜けないし、ねぎをくわで掘れば土が割れる感じなんです。だから寒い日は、日が昇って野菜と地面が解凍してから農作業開始です。

粉砂糖をまぶしたチョコレートケーキみたい!
[PR]
by farmerswagon | 2007-12-17 22:09 | 畑から

まだまだ元気

寒くなってきましたが、まだまだ暖かい日もありますね。
だからアオムシもまだ元気なんです。未だにキャベツを頬張っていますが、間もなく収穫開始にになるカリフラワーも大好きです。葉っぱを食べるならまだしも、花蕾(からい)を食べてしまうので、これでは売り物にはなりません。
e0120252_2155225.jpg
同じ花蕾でもブロッコリーは全く食べないんですけど。
[PR]
by farmerswagon | 2007-12-06 22:03 | 畑から

久々の雨にほっ!

最近まとまった雨が降らず困ってたんです。
うちの畑は砂地が多いんですけど、砂地は保水力があまりなく野菜も水不足な感じです。肥料の吸収も良くないので生育があまり良くないです。今は玉ねぎの苗を植えている時期なのですが、乾燥に強い玉ねぎもさすがに心配でした。

冬は適度に雨や雪が降って寒い方が良いんです。あまり暖かいと野菜が出来過ぎて値段が安くなりすぎて、最近よくある廃棄処分&補助金とゆうパターンンになりますからね。
今年はほどほどに寒い日もあって、野菜も高値で推移してますね。
相場が高い時は、普段高いうちの野菜も値ごろ感が出て良く売れるんですよ。
e0120252_2227471.jpg
フェンネルももうすぐ終わりでしょうか。花が咲いてるものもあります。
[PR]
by farmerswagon | 2007-12-03 22:34 | 畑から

芋掘り

今朝は寒かったですね~。さすがに霜が降りたみたい。
朝市用に収穫しようと思っていた赤ほうれん草もバリバリに凍ってて、収穫はあきらめました。
e0120252_17393739.jpg
9月から掘りながら売っていたサツマイモも、そろそろ全て掘り上げてしまわないと、寒さにあたって腐ってしまいます。
芋掘りまでは機械化してないので、ひと株ずつ鍬(クワ)で掘ってゆきます。いい汗かきました。

掘り上げたサツマイモは、貯蔵用に掘ってある穴に入れ、もみ殻や藁で寒さ避けをして来春まで売る予定です。
[PR]
by farmerswagon | 2007-11-24 17:54 | 畑から

ラディッキオ ヴェローナ

これも今年初めて作っている野菜。チコリーの一種です。
一般にトレビスという名で出回っている野菜の近似種で、ラディッキオはイタリア語です。e0120252_2217792.jpg
実はこのラディッキオ(チコリー)は種類が多く、また栽培方法もあまりよく分からず、いったい自分が作っているものがどうなるのか、楽しみであり不安でもあり。イタリアレストランのの方に生育状況を見てもらったりしています。
ただ、これからだんだん赤くなっていき、最後は葉脈を残して真赤になる予定です。
あと3週間くらいでとれるかも。楽しみ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-11-15 22:20 | 畑から