カテゴリ:畑から( 53 )

夏は重宝です

真夏は葉ものが少ない時期ですけど、やはり多少は欲しいですよね。
無理してほうれん草や小松菜を作っても、所詮旬じゃないから美味しいはずはないし栄養もない。だから熱帯原産の空芯菜(くうしんさい)を作ります。別名エンサイとも言い、インドネシアではカンクン、フィリピンではカンコンと言います。
東南アジアや中国南部、沖縄でも在来の野菜として食されているそうです。

葉は軟らかく茎は名前の通り空洞でシャキットしていて、主に炒め物にします。他に汁の実やお浸し、ベトナムでは茎のみを割いて水にさらしてからサラダで食べるのが多いそうです。今度試したいですね。
でも基本は油炒め。ごま油でニンニクや、好みで唐辛子を入れ炒めます。桜海老や肉を入れても美味しいですね。
味付けは塩コショウ、醤油やめんつゆでもいいし、ナンプラーやオイスターソースだとエスニック風になりますね。クセが無いのでどなたでも美味しく召し上がれますよ。
e0120252_0195133.jpg


さつま芋の仲間で葉の形もよく似てます。
[PR]
by farmerswagon | 2007-07-06 00:22 | 畑から

オクラは遅れ気味

e0120252_2311073.jpg例年の今頃は、オクラの収穫が本格化してるんですけど、今年も昨年同様、疫病やアブラムシにやられてしまい収穫量も僅か、皆様にはご迷惑をお掛けします。続けて作付けてありますので、本格的な収穫までもうしばらくお待ち下さい。

疫病にかかると写真の様に実が曲がって硬くなったり葉がしおれ枯れてしまい、最終的には成長点も枯れてしまいます。
ちなみにこれは生食向けの赤オクラです。

オクラは鮮度が落ちるのが早くすぐ肌が黒ずんできます。スーパーとかでよくグリーンのネットに入ってますけど、鮮度を誤魔化す為?
[PR]
by farmerswagon | 2007-07-02 23:12 | 畑から

やっぱりやられた

e0120252_2335623.jpg今日、今シーズンはじめてトウモロコシの収穫だったのに、カラスに先に味見をされてしまった。
6本だけですけど。1本やるから食い散らかすのはやめてくれ。
ちなみにカラスは収穫適期の物しか食べません。結局カラスの食べ残しを味見しました。甘かった、旨かった。

庭で蛇を見たんですけど、どうやらアオダイショウの子供の様です。昨日はお袋がアオダイショウのでかいのを見たらしい。
きっと俺が去年見たやつだ。蛇は気持ち悪いので嫌いです。カラスはトウモロコシを食べるので嫌いです。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-28 23:04 | 畑から

トマトとバジル

e0120252_20145267.jpgトマトとバジルはとても相性が良いですよね。私も大好きです。
でも、それは皿の上だけの話ではないみたいです。

コンパニオンプランツと言って、違う種類の植物をとなりどうしで育てると、お互いに健康に育ちやすい組み合わせがあるようです。それがトマトとバジルなんです。
トマトに付く害虫はバジルの放つ香りが嫌いみたいです。うちでは、トマトの木と木の間にバジル植えてみました。トマトの収穫や手入れの時も良い香りがしますが、トマトがバジル風味になれば面白いですね。

今度他のコンパニオンプランツも試してみよう。
現在のところトマトは調子いいですよ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-27 20:16 | 畑から

みんな大好き

茹でたり、焼いたり、蒸かしたり、人によっては生で。
そろそろとれますよトウモロコシ!

トウモロコシってよく虫に食べられるんですよ。皮に穴を開けて、実まで食べてしまいます。その犯人はアワノメイガとゆう我の幼虫です。最初に雄穂(てっぺんの穂)に寄生して、茎を伝って実まで降りてきて食害します。そこで、授粉した後にアワノメイガが実まで降りてくる前に穂を切り取って実の食害を防ぎます。それでも完全には防げませんけど有効です。写真の右は穂を切り取った後です。
e0120252_21375255.jpg
カラスもトウモロコシが大好きです。正に収穫しようとする日の早朝に食べるのですから脱帽です。今年は反射テープを付けた紐を張って対策です。去年はカブトムシもよくきましたねー。

トウモロコシは鮮度が命です。今年も朝どりのトウモロコシを買って帰ったらすぐ食べましょう。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-25 21:40 | 畑から

オークレタス

うちでは年間出来るだけレタスは切らさない様に努めています。
一般的にレタスと言うと、丸まった玉(結球)レタスとリーフ(非結球)レタスの2種類に大別できます。リーフレタスで有名なのがサニーレタスですが、あまり好きじゃないので作るのは止めちゃいました。で、シーザーサラダで美味しいロメインレタスと小ぶりで食味の良いフリルレタスを作っていますが、今回初めてオークレタスを作ってみました。細長くギザギザのユニークな葉の形が楽しいですね。

e0120252_2225421.jpg
どんな味か楽しみです。来週から収穫します!
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-21 22:25 | 畑から

ナスとソルゴー

ナスの栽培って難しいなぁと思う。なかなか納得できるようには作れないんです。

4月に苗を植えるんですが、その頃は風が強い日が多いんです。ナスは風にはとても弱い野菜で、強風に揺さぶられると、苗が小さい時は生育が妨げられ、実が生り始めると実に傷をつけてしまいます。よく、ナス畑の周りに防風ネットが張られているのはそのためです。

うちでは、ナスの風除けにソルゴーという緑肥作物を作っています。ソルゴーは風除けだけではなく、ソルゴーにつくアブラムシの天敵はナスにつく害虫の天敵でもある事から、ナスが害虫から守られるのです。また、畑にすき込んでも良いし、刈って藁のようにも使えてとても便利なのです。
e0120252_2355488.jpg

       ↑                               ↑
       ナス                            ソルゴー


今年はナスの生育が遅れてしまったのですが、ソルゴーのお陰で何とか良い木になってきました。ぼちぼち収穫も始まりましたよ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-15 23:58 | 畑から

フェンネル

e0120252_22283024.jpg

3年前姉貴が種を持ってきて、頼まれて作ったのが初めて。
でも、どうして茎が太くならないの?と不満顔。
その時は、茎は肥大せずもっぱら葉をハーブとして使いました。

去年イタリアに行った時、生でサラダとして食べたら、玉ねぎの様なセロリの様などちらとも違うんですけど、香りも良く普通に野菜として美味しかったんです。
どこの市場でも山積みにされていましたよ。
日本ではまだまだ高級野菜ですけどね。

そこで、うちでも作ってみようと思い種を蒔きました。
11月頃には出来ると思うんですけど。
上手くできるかなぁ?
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-11 22:59 | 畑から

恵みの雨

最近畑が乾燥気味だったので、昨夜からの雨は助かりました。
普段畑では、種蒔きや苗の植え付け時以外は、あまり野菜に水を与える事はないんですけど、実のほとんどが水分であるキュウリには、ちと乾燥しすぎていました。
キュウリは水分を吸収して気温が上がれば、ぐんと成長します。
e0120252_1331073.jpg

もうすぐ梅雨入り、水不足の心配は無くなりますけど、逆に湿気すぎて病気の原因にも。
そこが露地栽培の難しいところ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-10 13:33 | 畑から

ホワイト六片

溜息出ちゃうよな~。

e0120252_19532962.jpg

6月にはニンニクが収穫出来る予定だったんですけど、菌核病で全滅です。
去年の9月に種を植え約9ヶ月、肥料をあげ、除草作業もしたのに・・・
春ごろから症状が出始め、結局この有り様です。
品種は青森県の田子町で有名なホワイト六片!見た目も真っ白で、大きく、味も香りも一番です。

ニンニクは主に、西日本で作られる暖地用と青森や岩手で作られる寒地用があり、ホワイト六片は寒地用です。市場でもホワイト六片は他の数倍の価値があり、正にブランドなんです。

ニンニクって病気に強そうなイメージがありますけど、産地ではかなり農薬を使うそうです。やっぱり無農薬で作るのは無理なのか?過去5年で二回目の全滅です。その前は、よく出来てたのに。
地球温暖化も病気の原因かも知れません(寒地用なので)。

でも多分、量は減らすとは思いますが、また秋には種を植えると思います。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-08 19:56 | 畑から