カテゴリ:ひとり言( 26 )

農家の高齢化

8月10日付の日本農業新聞より
「全国の販売農家戸数は181万3000戸で、昨年より7万戸(3.6%)近く減ったことが、農水省が9日発表した2007年の農業構造動態調査の結果から分かった。農業就業人口は昨年に比べ8万6000人減り、311万9000人。しかし70歳以上の高齢農家は1年間で3万4000人増えた。年齢別に見ると70歳以上が45.2%、60歳以上の高齢者が68.8%を占める計算となる。これに対し39歳以下は9.2%」。e0120252_21364080.jpg周りにも後継者のいない農家は多いです。だから尚更頑張ろうとも思うんですけど。農家には定年がないですからね。あと20年は大丈夫と親父は言っております。
でも、日本の農業はこの先大丈夫?
[PR]
by farmerswagon | 2007-08-16 22:03 | ひとり言

一週間の命

夕方蝉の幼虫が歩いているのを見つけました。今夜羽化するだろうと思い捕獲。夕食中で羽化の瞬間は見られなかったものの、見事な成虫に変身!なんて綺麗なんだろう。短い命ですからね。すぐに自然に返しました。
e0120252_22484465.jpg
明日は朝市です。
[PR]
by farmerswagon | 2007-07-27 22:51 | ひとり言

野菜の味

皆さん野菜の味の違いってわかりますか?確かに違いはあるんですよね。
で、その違いはどうしてでるのか。

まずは品種、これは例えばほうれん草でみても国内でも軽く100種類以上あるでしょう。そして肥料、肥料の材料や成分によっても変わります。天気や季節、日照時間や気温、降水量が影響します。栽培方法、これも光や温度の調整。土質、赤土、黒土、砂地など。

例えばどこどこ産の何々が美味しいとか言うのも、同じような環境で、同じ品種、同じ栽培方法によって、味が均一化するんですね。
でも、それは大産地での話しであって、一般的に諸条件の違いから、生産者によって味は異なってきます。あとは野菜の鮮度や適切な調理方法ですかね。

毎年同じ野菜を作っていてもその味の違いに自分でびっくりしています。
e0120252_2335186.jpg

我が家の愛犬チキータ♀13才は人参が大好物。
[PR]
by farmerswagon | 2007-07-26 23:37 | ひとり言

赤紫蘇の食し方

e0120252_22244012.jpg梅干づくりの季節ですね。家でも作りますよ。
そこで赤紫蘇も栽培して売ってるんですが、梅干用以外には紫蘇ジュースにされる方が多いですね。

昨日は白人の若い男性の方が買っていかれました。まさか梅干?紫蘇ジュース?どうやって利用するのか訊いてみたら、“fried with vegetable”
この場合炒めるんでしょうか?揚げるんでしょうか?
さらに“good for body”とな。欧米でも赤紫蘇はあるのかな?今度新しい食べ方を試してみよう。

雨だと草は伸びるし畑仕事ははかどらないし、夜だけ降ってくれればいいのに。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-30 22:49 | ひとり言

農夫誕生

e0120252_188361.jpg 
予定日より遅れたものの、6月18日に無事長男が生まれました。これからの方が大変でしょうけど、今までのカミサンの苦労に感謝!

彼が大人になり農夫に成るかは分からないですけど、彼のためにも安全で美味しい野菜を作らなくてはと思いました。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-23 18:19 | ひとり言

有機栽培って?

wagonで販売してて思うんですけど、<有機野菜>とか<有機栽培>の意味を分かってない人って多いんですよね。
以前も「有機栽培ってあまり農薬を使わないんでしょう?」とか、「無農薬ではないんでしょ?」と訊かれたりしましたし。

別にうちの野菜が美味しいって思って食べて頂ければ良いんですけど、どうせなら知っててもらいたいですね。

で、平たく言うと、有機農産物とは、《3年以上化学農薬と化学肥料を使用しないで、堆肥等で土作りされた畑で生産された農産物》であると言えます。これは欧米でも同じような定義です。

また他に、化学肥料は使うけど農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤など)は使わない<無農薬栽培>、地域によって取り決められている農薬の使用回数を半分以下にした<減農薬栽培><特別栽培>等があります。

なお、神奈川県の化学合成農薬の使用回数の基準はコチラです。
多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですけど。
e0120252_21401022.jpg

[PR]
by farmerswagon | 2007-06-14 21:43 | ひとり言