<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

赤紫蘇の食し方

e0120252_22244012.jpg梅干づくりの季節ですね。家でも作りますよ。
そこで赤紫蘇も栽培して売ってるんですが、梅干用以外には紫蘇ジュースにされる方が多いですね。

昨日は白人の若い男性の方が買っていかれました。まさか梅干?紫蘇ジュース?どうやって利用するのか訊いてみたら、“fried with vegetable”
この場合炒めるんでしょうか?揚げるんでしょうか?
さらに“good for body”とな。欧米でも赤紫蘇はあるのかな?今度新しい食べ方を試してみよう。

雨だと草は伸びるし畑仕事ははかどらないし、夜だけ降ってくれればいいのに。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-30 22:49 | ひとり言

やっぱりやられた

e0120252_2335623.jpg今日、今シーズンはじめてトウモロコシの収穫だったのに、カラスに先に味見をされてしまった。
6本だけですけど。1本やるから食い散らかすのはやめてくれ。
ちなみにカラスは収穫適期の物しか食べません。結局カラスの食べ残しを味見しました。甘かった、旨かった。

庭で蛇を見たんですけど、どうやらアオダイショウの子供の様です。昨日はお袋がアオダイショウのでかいのを見たらしい。
きっと俺が去年見たやつだ。蛇は気持ち悪いので嫌いです。カラスはトウモロコシを食べるので嫌いです。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-28 23:04 | 畑から

トマトとバジル

e0120252_20145267.jpgトマトとバジルはとても相性が良いですよね。私も大好きです。
でも、それは皿の上だけの話ではないみたいです。

コンパニオンプランツと言って、違う種類の植物をとなりどうしで育てると、お互いに健康に育ちやすい組み合わせがあるようです。それがトマトとバジルなんです。
トマトに付く害虫はバジルの放つ香りが嫌いみたいです。うちでは、トマトの木と木の間にバジル植えてみました。トマトの収穫や手入れの時も良い香りがしますが、トマトがバジル風味になれば面白いですね。

今度他のコンパニオンプランツも試してみよう。
現在のところトマトは調子いいですよ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-27 20:16 | 畑から

2007/06/26のwagon

e0120252_2153761.jpg本日の販売品目は、大玉トマト、ミディトマト、キュウリ、ナス、ピーマン、伏見甘長、インゲン、カボチャ、ズッキーニ、フリルレタス、オークレタス、空芯菜、玉ねぎ、赤玉ねぎ、ジャガイモ、人参、赤紫蘇、オクラ、枝豆、空芯菜、ルッコラ、マスタードリーフ、アスパラガス、切花。

枝豆も出ましたよ。ビールが旨いです。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-26 21:10 | wagon

みんな大好き

茹でたり、焼いたり、蒸かしたり、人によっては生で。
そろそろとれますよトウモロコシ!

トウモロコシってよく虫に食べられるんですよ。皮に穴を開けて、実まで食べてしまいます。その犯人はアワノメイガとゆう我の幼虫です。最初に雄穂(てっぺんの穂)に寄生して、茎を伝って実まで降りてきて食害します。そこで、授粉した後にアワノメイガが実まで降りてくる前に穂を切り取って実の食害を防ぎます。それでも完全には防げませんけど有効です。写真の右は穂を切り取った後です。
e0120252_21375255.jpg
カラスもトウモロコシが大好きです。正に収穫しようとする日の早朝に食べるのですから脱帽です。今年は反射テープを付けた紐を張って対策です。去年はカブトムシもよくきましたねー。

トウモロコシは鮮度が命です。今年も朝どりのトウモロコシを買って帰ったらすぐ食べましょう。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-25 21:40 | 畑から

農夫誕生

e0120252_188361.jpg 
予定日より遅れたものの、6月18日に無事長男が生まれました。これからの方が大変でしょうけど、今までのカミサンの苦労に感謝!

彼が大人になり農夫に成るかは分からないですけど、彼のためにも安全で美味しい野菜を作らなくてはと思いました。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-23 18:19 | ひとり言

オークレタス

うちでは年間出来るだけレタスは切らさない様に努めています。
一般的にレタスと言うと、丸まった玉(結球)レタスとリーフ(非結球)レタスの2種類に大別できます。リーフレタスで有名なのがサニーレタスですが、あまり好きじゃないので作るのは止めちゃいました。で、シーザーサラダで美味しいロメインレタスと小ぶりで食味の良いフリルレタスを作っていますが、今回初めてオークレタスを作ってみました。細長くギザギザのユニークな葉の形が楽しいですね。

e0120252_2225421.jpg
どんな味か楽しみです。来週から収穫します!
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-21 22:25 | 畑から

2007/06/19のwagon

e0120252_2323914.jpg本日の販売品目は、

大玉トマト、ミディトマト、キュウリ、ナス、ピーマン、伏見甘長、インゲン、カボチャ、ズッキーニ、フリルレタス、空芯菜、玉ねぎ、
赤玉ねぎ、ジャガイモ、人参、赤紫蘇、ふき、切花。


いよいよトマトも本格始動です。
空梅雨の方がトマトは甘くなりますよ、水不足は困りますけどね。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-19 23:25 | wagon

ナスとソルゴー

ナスの栽培って難しいなぁと思う。なかなか納得できるようには作れないんです。

4月に苗を植えるんですが、その頃は風が強い日が多いんです。ナスは風にはとても弱い野菜で、強風に揺さぶられると、苗が小さい時は生育が妨げられ、実が生り始めると実に傷をつけてしまいます。よく、ナス畑の周りに防風ネットが張られているのはそのためです。

うちでは、ナスの風除けにソルゴーという緑肥作物を作っています。ソルゴーは風除けだけではなく、ソルゴーにつくアブラムシの天敵はナスにつく害虫の天敵でもある事から、ナスが害虫から守られるのです。また、畑にすき込んでも良いし、刈って藁のようにも使えてとても便利なのです。
e0120252_2355488.jpg

       ↑                               ↑
       ナス                            ソルゴー


今年はナスの生育が遅れてしまったのですが、ソルゴーのお陰で何とか良い木になってきました。ぼちぼち収穫も始まりましたよ。
[PR]
by farmerswagon | 2007-06-15 23:58 | 畑から

有機栽培って?

wagonで販売してて思うんですけど、<有機野菜>とか<有機栽培>の意味を分かってない人って多いんですよね。
以前も「有機栽培ってあまり農薬を使わないんでしょう?」とか、「無農薬ではないんでしょ?」と訊かれたりしましたし。

別にうちの野菜が美味しいって思って食べて頂ければ良いんですけど、どうせなら知っててもらいたいですね。

で、平たく言うと、有機農産物とは、《3年以上化学農薬と化学肥料を使用しないで、堆肥等で土作りされた畑で生産された農産物》であると言えます。これは欧米でも同じような定義です。

また他に、化学肥料は使うけど農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤など)は使わない<無農薬栽培>、地域によって取り決められている農薬の使用回数を半分以下にした<減農薬栽培><特別栽培>等があります。

なお、神奈川県の化学合成農薬の使用回数の基準はコチラです。
多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですけど。
e0120252_21401022.jpg

[PR]
by farmerswagon | 2007-06-14 21:43 | ひとり言